BLOGブログ
BLOG

実は主役

2019/09/09

こんにちは、今回はイケちゃんこと池田がお送り致します

 

先日はお客様のお宅へ供給している「ガス」は様々な形で守られ、安全に供給するために「マイコンメーター」や「ガバナ」が見張ってますよ、ってお話を致しましたが、今回は陰の立役者!「ガス管」に少し触れたいと思います。

お客様に絶え間なく供給しているガスは、なんと!ガス管を通ってお客様の元に届けられております

「そんな事は知ってるよ~!」ですよね(~~;)

実はこのガス管にはいくつか種類があります、管の種類(管種)、口径(管の太さ)等々、シーンによって使い分けられます

建物が建つ時ガス設計士が使用されるガス器具を調査し、総延長、高さなどをもとにガスの流量を計算して口径を決めます、次に通す場所によって管種を決めます、そこで出て来るのが上にある写真のガス管達です、写真の管はごく一部ですがもっともっとびっくりするくらい太い管もあります、例えば私の足がすっぽり入ってしまうようなサイズ!(私はいがいと太目(笑))

黄色い管は土中、地中に埋設する埋設管(通称PE管)、道路の下や、お客様宅内の地中等に用いられています、特徴はポリエチレンで出来ており、腐食に強く柔軟性があります。

シルバーの管は業務用厨房や室内の露出部(通称シロ管)、表面に亜鉛メッキがかかっている鋼管で加工に熟練技術を要します

アイボリーホワイトの被覆があるのがカラー鋼管(通称カラー管)、業務用厨房や屋外露出部に使用します、雨や風、紫外線にも強く被覆層があるので腐食にも強い特徴があります。

最後にピカピカの管でクネクネ曲がるフレキシブル管(通称フレキ管)、柔軟性があり腐食にも強く、隠蔽部や床下、露出部にも使える優れもの! また、柔軟性もあるので加工も容易で継ぎ手を極力減らせるのでガス漏れの危険性も格段に減ります。

これらの管を私たちは商品とし、私達の技術を添えて、お客様のご希望に限りなく100%に近い状態にしてお引渡し出来るよう心掛けております。

お客様が、安心して安全に、快適にガスをご使用頂けるよう、私達は技術の向上と努力を惜しみません。

簡単ではありますが、ガス管のお話でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。